プロフィール


ハープを渡邊萬里氏、桑島すみれ氏に師事。17歳の時にオランダのフィア・ベルグハウトの氏の元に留学。マーストリヒト音楽院のソリスト試験を最高点で卒業し、優れた演奏家に与えられる特別賞「Prix d’Excellence」を受ける。日本では音楽新聞社主催村松賞音楽部門の大賞を受賞。
ソロ活動の他、コンセルトヘボウ室内管弦楽団、フライブルグ・バロックオーケストラ、アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックメンバーと共にソリストとしてハープ協奏曲を共演。キリテ・カナワ、チェチーリア・バルトリとも共演。クラシックのみならず幅広いレパートリーをこなし、多くの現代曲の世界初演にも携わっている。またアイリッシュハープ、箜篌など様々なハープも演奏する。

ここ近年は、世界に有数の18世紀後半から19世紀中頃までのシングル・アクション・ペダルハープの演奏者として国際的に注目されている。

2018年に18~19世紀のハープ演奏法の研究でイギリスのリーズ大学より博士号を取得。ザルツブルグのモーツァルテウム、ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックなど世界各国の音楽院からマスタークラスに招かれ活動の場をさらに広げている。東芝EMIの他、 ヨーロッパのレーベルGlobe、 Et’cetera、Ars、Channel Classics、BISより数多くのCDが発売されている。現在、マーストリヒト音楽院教授。アムステルダム在住。